グリーンスムージーと野菜ジュースはどうして違うの?

食事で野菜を混ぜる事はより大変ですよね。
やむを得ず野菜不足になってしまいます。
それで、最近ではグリーンスムージーや野菜ジュースで野菜不足を償うほうが増えています。
でもこういう二つ、どのように違うのでしょうか。

グリーンスムージーは葉野菜と果物、それと水で、ミキサーにかけて作ります。
果物を入れますが、葉野菜が入っているため、色もグリーン系の色になります。
一方、野菜ジュースは色々な野菜や果物を低速ジューサーで絞って、食物繊維を抜いたものです。
トマトを入れた野菜ジュースが多いので、赤い色の野菜ジュースが多いかと思いますが、中にはニンジンをメインにしたオレンジ色をしたものもありますね。

どちらの方が健康に良いのかと思ってしまいますが、それは呑む人によって、についてになります。
グリーンスムージーは食物繊維が豊富なので、便秘気味の人にはいいですね。
ですが、お年寄りや胃腸のしょうもない人には向いていないかもしれません。
野菜ジュースの方は、食物繊維を抜いてありますから、お腹には容易い飲み物と言えるでしょう。
又、かなりの種類の野菜によってジュースが出来ていますので、栄養が豊富です。

又、市販されている野菜ジュースには、味を美味くするためにある程度の添加物が入っている事が多いようです。
ただ、体に害がある感じは入っていません。
でも、大層そういうことを気にしている方は、無添加ですことを確認してからジュースを貰うか、手作りの野菜ジュースを決めるについてになりますね。

健康に良い飲み物の代表格と言えるのが青汁ですね。
ケールや大麦若葉、明日葉等を原料として作られた飲み物だ。
これらの野菜にはあらゆるビタミン、ミネラル、食物繊維が入っている結果知られています。
そのため、健康維持にはもちろん、ダイエットにも効果があるのです。
それはどうしてなのでしょうか。

ビタミン、ミネラルは、脂質やサッカライドをエネルギーに変える働きがあるのです。
ですから、脂質やサッカライドが体に蓄積されやすかった体質がゆっくり改善されるので、太りづらくなるのです。

また水溶性食物繊維が豊富なので、コレステロールを下げて得る効果があります。
コレステロールが下がると、血行が良くなり、代謝があがるので、ダイエットにも効果があるのです。

また青汁には不溶性食物繊維も豊富なので、これがダイエットの大きな味方になってくれます。
不溶性食物繊維は体内に入ると、胃や腸で水分を吸収して広くふくらみ、それが腸を刺激するので、便の量が多くなります。
腸に溜まった便もきっちり出してくれます。
便秘が解消されると体のむくみも取れますし、お腹もすっぱり行なう。
それに不溶性食物繊維は水分を吸収してお腹が膨らみますから、食欲も抑えてもらえる。

青汁ダイエットの方法ですが、とても簡単です。
一年中に一杯の青汁を飲めばいいのです。
青汁の代わりに食事を抜いたり始める必要も一向にありません。
ただ、効果的に飲み込むならば、朝起きたらとにかくナンバーワンに青汁を飲みます。
これは胃に何も入っていない状態で飲むと、青汁の栄養素が吸収されやすいので、効果も高まるということです。
朝食代わりという事ではないので、朝食は頑として摂ってくださいね。引用元